浮気調査から不倫調査など高い調査力から興信所などで後から後悔しない、料金相場に探偵調査結果を得るために必要なサービス紹介と事例紹介をしますので参考にしてみて下さい。

浮気調査の相談サイト

浮気癖のある旦那を黙認する姑

  1. 浮気を辞めない夫と浮気を黙認する姑と住み続ける。
  2. 浮気癖のある夫と別れて、平穏をとり戻す。

あなたはどちらを選びますか?

間違いなく
気癖のある夫と別れて、平穏をとり戻す。を選びますよね。


結婚する前から浮気しているの夫との関係、をこれ以上続けるのにも限界がります。よね?おまけに嫁の存在を完全に否定するような姑とは、

この先一緒になんて住めない!

そう思うのはおかしいことではありません。
借りに旦那さんが離婚を拒んできたとしても、離婚調停では奥様の方が有利に裁判を進める事ができるでしょう。

離婚宣言をする前に証拠を集めておきませんか?


明らかに浮気をしていることに奥様自身が気づいていたとしても、もし裁判で争うことになった場合に証拠がなければ、いいように言いくるめられるかもしれません。裁判は一種の駆け引きのようなものですから、話の方向性を誤れば結果が違ってくることも考えられます。今のうちの証拠となるものを準備しておけば、備えあれば憂いなしです。

証拠を集める最大の理由はなんだと思いますか?
中途半端な証拠ではコソコソした二人の交際は根絶できません。余計に関係が深まる可能性もあるんです!

この程度か・・と思われないように、完璧な証拠で慰謝料を支払わざるを得ない状況に持っていきましょう。あなたは悪くないのだから。

 

ちょっと待って!それ浮気の証拠ではありません!

 
  • 夫の携帯電話に残された女性とのやり取りしたメール
  • 夫の携帯電話に残された女性と撮影したツーショット写真
  • ラブホテルのポイントカード
  • シティホテルのダブルルームの領収書
これは動かぬ証拠とはいえません

浮気=肉体関係の事実確認
になります。
しかし1回程度のラブホテルの出入りだけの証拠では、慰謝料や離婚を認めるケースは少ないです。浮気している二人がいかに親密な関係であるかを証明するには複数回の証拠を用意すると有利です。

となると、一夜漬けで証拠を抑えるのは難しいと考えるのが普通でしょう。

icon_title_check1.png
専門知識がある浮気調査専門の探偵に依頼することで、あなたの代わりになって調査をしてくれます。自分で行う尾行調査は気づかれて余計に警戒されてダメになるパターンがほとんどです。仮に成功しても張り付きは複数回必要です。働いているあなたに変わって調査してくれる探偵に相談してみませんか?不安なことなどを

関連ページ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」