浮気調査から不倫調査など高い調査力から興信所などで後から後悔しない、料金相場に探偵調査結果を得るために必要なサービス紹介と事例紹介をしますので参考にしてみて下さい。

浮気調査の相談サイト

夫のスーツに女の長い髪が付着していた

先日飲み会があり遅くなると夫から連絡が入りました。

いつものことなので(週に2~3日は飲み会に出かけています)、今日もいつもの感じで「気をつけてね」と返事をしました。 始めは23時くらいには帰ってくるといっていたものの、その日帰ったのは夜中の3時前でした。 連絡ひとつせず遅かったので、私も心配したと少し強めの口調で言ったのですが、夫は「付き合いだから仕方がなかった」とのことで済ませてきました。

夫のスーツのホコリを払い、ハンガーにかけたときのことでした。 背中と方のあたりに、金髪に近い長い髪の毛が3本ほど付いていたのです。 どこかから飛んできてフワッと付いたものではなさそうです。 しっかりとぴったりとくっついていたので、女性との接触があったことは明らかでした。

夫はシャワーを浴びていたので、出てくるまでに言おうか言わないか迷いましたが、そのままにしておくのも気持ちが落ち着かないので思い切って話すことにしました。 夫がシャワーから出て、ゆっくりした時、遠回りに「今日はずっと飲み会だったの?」と聞くと「いや。」と夫。

「飲み会が終わって何の付き合いだったの?」と聞くと、「いやちょっと話し込んじゃってさ、やすんできたんだよ」と夫。 私はこの休んできたという時点でぴんと来たのですが、「どこで?誰と?」と聞くと、夫は少し怒ったように「なんだよ、疑ってるの?」・・・と。
 

反論しない夫


髪の毛をスーツに付けたままにして、そのスーツを夫の目の前に出しました。 「女性といたんだね。女性とどこで休んできたの」と私が言うと、もう逃げ場がなかったのか、夫は「・・・。」でした。 すごく緊張した雰囲気というか、しばらく沈黙が続いたのですが、もう朝方でしたので「もういいよ」と私は話を中断してベッドに入りました。 そのひ、夫はベッドに入ってくることはなく、リビングのソファーで寝たようです。 朝起きると、夫はまだ寝ていました。

その日は休日でしたが、一切話もせず、ご飯も別々で過ごしました。 数日経ちましたが、未だ夫が誰とどこで会っていたかと言うのはなぞのままです。 そして沈黙の毎日です。 それでも週2回くらいは夜中に帰ってくる日があります。 さすがに限界が近づいています。 これからどう動こうか、考えているところです。
 

遅い時間に帰宅するのが続くようなら


家でのいざこざを相手の女性に伝えず、そのまま会い続けてるパターンです。じつはココがチャンス!迷っていないで行動してください。反論しない夫は、帰宅する前に髪の毛をチェックするようになるでしょう。形跡を残さないように細心の注意を払うでしょう。でもこれって奥様には悲しいことでしかないですよね?

だってそうでもして会いたい間なんですから・・・。奥様が今やることは、相手と会っているうちに証拠写真を探偵に依頼して取ってもらうことです。

なぜ探偵か?

タイミングを失うと相手の女性ともしばらく距離をおこうとするからです。いまはまだ浮気未遂の状態です。これを言い逃れができないところまでもっていかなければ、相手の女性との関係も続いてしまいます。

探偵は浮気の証拠となりうる不貞行為の現場を数日にわたり尾行し写真に収めてくれます。これで初めて浮気の証拠となるのです。残念ながらスーツに女の長い髪が付着していたことは浮気の証拠にはなりません。
 

関連ページ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」