浮気調査から不倫調査など高い調査力から興信所などで後から後悔しない、料金相場に探偵調査結果を得るために必要なサービス紹介と事例紹介をしますので参考にしてみて下さい。

浮気調査の相談サイト

旦那の浮気調査

夫の靴下のマークが朝と左右反対

今朝、足の爪を切るといって切っていた夫。

靴下とハンカチと時計をセットでいつも準備して夫に渡すのですが、夜帰宅した時に「あれ?」と不信に思ったことがありました。 帰った夫はまず、そのままの格好でリビングのテーブルで届いた郵便物のチェックをします。 その後着替えて手洗いうがいをして夕食といった感じです。

その日は暑かったので、冷たい麦茶を出し、夫はいつものように郵便物をチェックしていました。 そこで私は、夫の足元にふと目がいきました。 あれ?と思ったのは、夫が今朝履いて出かけた靴下に、脱いだ形跡がありました。 ワンポイントが左右逆になっていたのです。 毎朝夫の身なりをチェックして送り出すので、靴下が左右逆になっているのはひと目でわかりました。

今日は帰りは早いといっていたはずなのに帰宅したのは21時ちょっと前。 いつもと変わらない時間でした。 そこは大して気にならなかったので「なぜ遅かったの?」とは聞きませんでした。 しかし、遅くなった上に靴下を一度脱いでいる? 帰社してから、帰宅までに靴下を脱ぐ機会があったのでしょうが、そのシュチュエーションといえば思い浮かぶのはひとつしかありませんでした。

浮気?それから疑っていしまい、気分が落ち込んでいます。 しかし、浮気したという証拠はひとつもないし、気になることといえば遅くなったことと靴下が逆だったということ・・・。 これだけで夫に浮気を疑う質問をするのもどうかと思い我慢しています。 とてもストレスで
す。

女性ならではの気づきポイント


浮気を否定的に考えたとして、暑かったということで靴下の蒸れを気にして制汗スプレーなどをした?という可能性しか考えられません。

浮気と考えた方が自然です。

ほかに証拠がないけど、悩んでいるという方がほとんどです。小さな浮気の芽を見つけたのであれば早目のうちに対処しておかなければ家族が崩壊してしまいます。

奥様の思い違いではない限り、今後も敏感に変化に気づくようにしましょう。

浮気の証拠と思っていても証拠にならない


浮気の証拠はスマホを覗いたり、自分で尾行したり、現場に鉢合せしたり、いろいろ考えられますが最初の浮気の芽はほんの小さなもの。
奥さんが変化に気づいても証拠材料とはなりません。

証拠になるのは、不貞行為の現場を複数回にわたり写真に納める事です。要はラブホに入る写真や、ラブホから2人揃って出てくる写真ということです。しかも複数回にわたり撮影をしないと証拠として認めららないので、探偵は数日にわたり尾行して撮影します。

これで証拠写真になります。

自分で撮影するのは難しいし、ハイリスク。もし見つかってしまった場合、会うのを自粛してしまうからです。そうなると浮気の調査自体が遅くなってしまって鮮度が落ちてしまいます。

旬なうちに解決することも重要です。

夫がトランクスからボクサーパンツに変更

洗濯をしていると、夫の靴下や下着のほつれ、穴が開いているなどといったものをたまに見つけるので、夫の下着類は大体私が買っていました。
夫は昔から決まったメーカーの決まったトランクスの同じサイズを十数年着ています。 新しいものをおろすと、「やっぱりこれじゃないと落ち着かない」というほどです。 なので、いつものように同じメーカーのトランクスを買って古いものと交換しておきました。 数日後、見慣れないボクサーパンツが洗濯カゴの中に・・・。 うちには夫以外男性はいないので、「あれ?」と思い、夜夫が帰宅してから聞いてみました。

すると、「ちょっと履いてみたくてコンビニで買った」というのです。 いろんなことが不思議でした。 まず、コンビニ?コンビは24時間いつでも空いているし、下着なんかもいつでも買えるのでなんだか急いで買ったような感じがします。 そして、そのパンツは「履いてみたい」のであれば、家に持ち帰って履けばいいのに、なぜわざわざ外で履き替えたのか

どこでは着替えたのか。 聞くと「会社のトイレ」だというのです。 あまりに不自然だったので、おかしいとにらんでいます。 結婚して17年、決まったトランクスしかはかなかった夫が、なぜこのタイミングでボクサーパンツを、しかも外出中(仕事中)にわざわざ買って、わざわざ履き替えるなんて、普通では、よっぽどのことがない限り考えにくいです。 私がボクサーパンツを進めたこともあったのですが、「落ち着かない」との理由で断った夫。

その夫の代わりように、戸惑っています。 話し方からも、その日外で何かあったに違いありません。

嘘がつけない旦那さん


ちょっと履いてみたくてコンビニで買ったというのはあまりにも苦しすぎる嘘ですし、こちらも思わず苦笑い。コンビにでパンツを買う理由を考えてみると、出張や旅行でパンツを忘れた方が買うという想定の他に急におなかの調子が悪くなって漏らすというシチュエーション以外は、
浮気?を疑ってみるということでしょうか?


男性の中には、新品のパンツよりもボロボロの方が肌になじむという理由で使いふるした下着を敢えて身につけている人が中にはいます。
だからこそ、普段履かないボクサーパンツというのは気になりますね。

理由も苦しまみれなので、奥様には言えない隠し事があるのかもしれませんが、今のところは断定できません。

普段はトランクス勝負パンツはボクサーというメンズ増えてます


無理して合う女性は長続きしないので、この手の旦那さんは奥さんの元に結局かえってくる可能性の高い夫のような感じがします。
ですが、どんあ男性でも油断は禁物です。

もしまたボクサーパンツを履いて出かけるような時があれば、注意しておくといいかもしれません。


夫のスーツに女の長い髪が付着していた

先日飲み会があり遅くなると夫から連絡が入りました。

いつものことなので(週に2~3日は飲み会に出かけています)、今日もいつもの感じで「気をつけてね」と返事をしました。 始めは23時くらいには帰ってくるといっていたものの、その日帰ったのは夜中の3時前でした。 連絡ひとつせず遅かったので、私も心配したと少し強めの口調で言ったのですが、夫は「付き合いだから仕方がなかった」とのことで済ませてきました。

夫のスーツのホコリを払い、ハンガーにかけたときのことでした。 背中と方のあたりに、金髪に近い長い髪の毛が3本ほど付いていたのです。 どこかから飛んできてフワッと付いたものではなさそうです。 しっかりとぴったりとくっついていたので、女性との接触があったことは明らかでした。

夫はシャワーを浴びていたので、出てくるまでに言おうか言わないか迷いましたが、そのままにしておくのも気持ちが落ち着かないので思い切って話すことにしました。 夫がシャワーから出て、ゆっくりした時、遠回りに「今日はずっと飲み会だったの?」と聞くと「いや。」と夫。

「飲み会が終わって何の付き合いだったの?」と聞くと、「いやちょっと話し込んじゃってさ、やすんできたんだよ」と夫。 私はこの休んできたという時点でぴんと来たのですが、「どこで?誰と?」と聞くと、夫は少し怒ったように「なんだよ、疑ってるの?」・・・と。
 

反論しない夫


髪の毛をスーツに付けたままにして、そのスーツを夫の目の前に出しました。 「女性といたんだね。女性とどこで休んできたの」と私が言うと、もう逃げ場がなかったのか、夫は「・・・。」でした。 すごく緊張した雰囲気というか、しばらく沈黙が続いたのですが、もう朝方でしたので「もういいよ」と私は話を中断してベッドに入りました。 そのひ、夫はベッドに入ってくることはなく、リビングのソファーで寝たようです。 朝起きると、夫はまだ寝ていました。

その日は休日でしたが、一切話もせず、ご飯も別々で過ごしました。 数日経ちましたが、未だ夫が誰とどこで会っていたかと言うのはなぞのままです。 そして沈黙の毎日です。 それでも週2回くらいは夜中に帰ってくる日があります。 さすがに限界が近づいています。 これからどう動こうか、考えているところです。
 

遅い時間に帰宅するのが続くようなら


家でのいざこざを相手の女性に伝えず、そのまま会い続けてるパターンです。じつはココがチャンス!迷っていないで行動してください。反論しない夫は、帰宅する前に髪の毛をチェックするようになるでしょう。形跡を残さないように細心の注意を払うでしょう。でもこれって奥様には悲しいことでしかないですよね?

だってそうでもして会いたい間なんですから・・・。奥様が今やることは、相手と会っているうちに証拠写真を探偵に依頼して取ってもらうことです。

なぜ探偵か?

タイミングを失うと相手の女性ともしばらく距離をおこうとするからです。いまはまだ浮気未遂の状態です。これを言い逃れができないところまでもっていかなければ、相手の女性との関係も続いてしまいます。

探偵は浮気の証拠となりうる不貞行為の現場を数日にわたり尾行し写真に収めてくれます。これで初めて浮気の証拠となるのです。残念ながらスーツに女の長い髪が付着していたことは浮気の証拠にはなりません。
 

グロスの艶感が旦那の唇に残っていた

夫が浮気をしているのではないかと疑っています。

決定的だったのは、帰宅した夫の唇あたりにグロスのようなものが残っていたのです。
帰ってくると夫はいつも、手を洗って顔を洗ってうがいをして食卓につきます。 しかし、食卓に着いた夫の唇にはまだグロスのようなものが・・・。 グロスは水だけでは取れにくいので、なんとなくわかるのです。

「ね、今日誰かとキスした?」と夫を刺激しないよう、冗談っぽく、私が聞くと、「え?なんで?」と夫。 「え?なんで?」と聞く時点で私は浮気していると感づきました。 普通は「するわけないだろう!」とか「〇〇(私)意外とキスするわけないだろう!」ですよね? 証拠がばれた!というような、夫の聞き返し方に違和感がありました。 その後、「だってここ(指差して)何か付いてるよ。」と夫に聞くと「え?」と唇横をこする夫。

はっとしたのか、「なんだこれ、蜂蜜か?」とごまかすように笑い出しました。 「ちょっと来て、まだ付いてるから!」と私が言うと夫は慌てて「いいから!もういいって!」と私を振り切りました。 夫は異常に慌てていましたので、誰かとキスしてきたんだとわかました。 それが気持ち悪く、いつまでも胸の中に抱えていた私は、ストレスで夫との間で口数が減ってしまいました。

そんな私を見て夫は、「この間のこと、なにか疑っているのなら、何もないから」と言いますが、それから目を光らせていると、1度だけではなかったのです。 リップクリームとはまた違うつやのあるグロスタイプのものが、ちょくちょく夫の唇に残っているのです。 初めて気づいたのが、たまたまこの間の1回目の時。

今まで気づかなかっただけなのでしょうか。 以前から夫は私の知らないところで女性と関係を持っていたのでしょうか。 もうストレスの限界です。 ですが証拠もないですし、私の力ではどうすることもできません。 この先、夫とどういう話をしてどういう将来を考えていけばいいのかもわからなくなり、今はただ毎日が被害妄想との戦いです。

こんな時こそ探偵の出番です


この悶々とした日常をどうにか変えたい!苦しみから救われたい!考えてはいるけど行動に起こせないのが普通です。決定的なものではないし、浮気の証拠とも言い切れない。だけど、奥様だからこそわかる夫の変化は誰よりもわかるもんなんです。

ストレスを抱えたまま、生活するのはお互い気まずいですよね。浮気をされて許す奥様。許せず離婚する奥様いろいろいらっしゃいますが、
まずは証拠にならない証拠で頭を悩ますより、証拠となる証拠を集めて冷静な判断を下しましょう。

夫がLINEの通知設定をOFFにしている相手がいる

やっとスマホに変えた夫。
しかし会社での営業用でスマホをもっていたので、わりと使える方ではありました。 LINEでのやり取りはスムーズで早いので、私も夫とスムーズに連絡が取り合えるようになって助かっていました。 夫が帰宅し、子供を寝かせ、二人でテレビを見ながらスマホを触っていたときのことでした。

私が見せたい画像があり、隣にいる夫にLINEでメッセージを送ると、「LINE♪」と音が鳴りました。 夫は「おいおい、隣にいるんだから声かけてよ」と笑いながら言いました。 しばらく携帯を隣においていると、夫の携帯がかすかに光りました。 と言っても目立つような感じではなく、スマホ自体の画面が付くような感じです。

すぐに夫はラインをタップ。 誰かとやり取りをしています。 (もしかして、通知オフにしている相手がいるの?)と何かを感じた私。 試しにもう一度、今度は別の画像を夫に送信すると・・・「LINE♪」音が鳴りました! 「なんだよ」と言って笑う夫。 しかし、私からの画面はすぐに閉じられ、見えないように少し角度を変えてまた誰かとやり取りを始めました。
 

前科あり!?な旦那さんは要注意


通知オフにしているのは確かです。 携帯の画面が付く程度ですが、相手からLINEが届いています。 以前夫は、元彼女と連絡を取り合っていたのが見つかった、と言う経験があるので、すごく気になって、すごく疑っています。 しかも、「LINE♪」という通知が鳴ると、「あ!〇〇だ!」や、「お、こんな時間に〇〇さん(上司)から誘いだ。」などと一言付いてくるのが夫・・・。

しかし、その相手だけは、通知がない上に、見えないように少し角度を変えて無言のやり取りを始めます。 私の感ですが、相手は女性だと思います。 どういう関係なのか、誰なのかが知りたくて、ストレスがたまります・・・。
 

怪しいと感じている時に行動に起こす


前科がある旦那さんの場合、奥さんにバレないようにするのも手馴れています。旦那さんにはバレないように水面下で進めましょう。まずはいろいろな情報収集が必要です。

一番早くて証拠が掴めるのは探偵に依頼することです。自分は普通に生活しているだけで探偵が証拠写真を集めてきてくれます。浮気している旦那の証拠写真とるなんて嫌でしょう?

そんな腹が立つことなんて労力を使ってできませんから早目に依頼してちゃっちゃと片付けましょう。探偵の報告書は離婚裁判にそのまま資料としても使えます。
 
労力を使わずに浮気相手から慰謝料をもらうにはこちら
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」