浮気調査から不倫調査など高い調査力から興信所などで後から後悔しない、料金相場に探偵調査結果を得るために必要なサービス紹介と事例紹介をしますので参考にしてみて下さい。

浮気調査の相談サイト

どちらか一方が本気になる

私は一年の半分以上は海上にいるため、なかなか家に帰ることができず、妻には寂しい思いをさせています。
申し訳なく思っているし、できれば家にいてあげたいのですが、仕事上そういうわけにもいかず・・・。

最近妻からメールがない日があります。

朝からと夜寝る前、できるときは昼休みも妻と今の状況をメールで話していました。 しかし、最近パタンとメールがやみました。
ぽつんぽつんと返ってはくるのですが、私がメールを3~4通するごとに1通返ってくるか来ないかです。
つまとはパソコンを使ってメールしています。 なので、妻からメールが届くと、妻が家にいて家を守ってくれている安心感があるのです。

寂しさを紛らわすつもりが本気になってしまった



しかし、最近パソコンを開いていない妻。 実家に帰ってた、友達の家に泊まっていた、など家にいなかった理由はさまざまですが、それにしても外出している時間・期間が長いのです。 カード明細には、どこかで買い物した形跡や、どこかに旅行に行った記録はありません。

久しぶりに帰ったときに妻が言いました。「好きな人ができてしまった」と。 メールが帰ってこなかったのはそれが原因でした。 予想が的中したような気分でした。 妻は、私が家を空けている間に寂しくて、ある男性と過ごしていたそうです。

最初は寂しさを紛らわすためのお遊び程度だったと言うのです。 しかし、時間が経つうちに、いつも近くにいてくれるその男性に本気になってしまったと言うのです。 男性には付き合っている相手がいるらしく、それを了解で妻は男性と一緒にすごしていたというのです。

腹立たしいと言う気持ちもありますが、仕事とはいえ、ほとんど妻と一緒にいあげられない自分も悪いのかな・・・と思ってしまいました。 妻にそんな話をされても、この先どうすればいいのかわかりません。


ケジメはつけないといけません


奥様もよく、打ち明けましたね。しかし、打ち明けたところで人妻ですし、相手には付き合っている他の女性の存在も知っている状態。
ご主人にとってこれはあかんり辛い環境ですね。

自分の事は愛していないけど、相手とも割り切った関係だということ。これは、残酷ですね。

海の上でのお仕事となると、毎日家にはかえれません。それを知ったうえで奥様も結婚しているはずですので、もう一度夫婦で話合ってみる必要はあります。

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」