浮気調査から不倫調査など高い調査力から興信所などで後から後悔しない、料金相場に探偵調査結果を得るために必要なサービス紹介と事例紹介をしますので参考にしてみて下さい。

浮気調査の相談サイト

浮気調査は別居前に行って証拠を得ましょう

浮気調査は探偵の中でも多い依頼の一つです。

夫(妻)の行動を怪しむ一方で、シロである事を信じたいという依頼者の願いはこちらまで伝わってきます。


浮気調査の依頼に来られる方は、浮気しているのをほぼ断定し、さらに別居まで進んだ状態で依頼される方が多いです。いわば顔も見たくない。といった状況まで追い込まれているのです。

しかし、別居期間が長ければ、また別居した理由によっては、不貞行為が原因で別居したのではなく、夫婦関係が破綻しているので別居したという形に持っていかれる場合があるからです。

これが今後の慰謝料の額にも影響を及ぼすことにもなるので、法律上夫婦の期間は、むやみに別居生活を始めない方が後々いいかもしれません。

今回は浮気調査報告書について報告内容の詳細です。
  1. 浮気調査料金
  2. 業務内容
  3. 対象者
  4. 住所
  5. 電話番号
  6. 生年月日
  7. 使用車両
  8. 勤務先名
  9. 本人勤務先住所
  10. 勤務先電話番号
  11. 依頼内容
  12. 調査目的
  13. 不貞行為(浮気)の事実の有無
  14. 不貞相手の氏名及び住所
  15. 浮気調査日


上記のような項目です。報告書とは別に写真・動画などがあります。報告書に上がる写真の枚数は100枚程度ですが、実際はもっと撮影してます。

動画も同じように報告書にあげるより多く撮影することがほとんどです。

探偵は弁護士ではないので、どちらが悪いとか、嘘を言っているとかは判断しかねます。

しかし証拠という事実を写真に撮ることはできます。もし裁判になった場合は、証拠があればそれが動かぬ証拠となるので、浮気の証拠がないからといって逃げる対象者に証拠を突きつけましょう。


不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」